擬音で反応率をあげる

擬音でホームページの反応率をあげる

こんにちは玉井昇です。

4月ですね。
 

「ラジオから桜、満開の知らせがチラホラと届いています。今週末は、花見の人も多いことでしょう。」
 

「ラジオから桜、満開の知らせがジャンジャン届いています。今週末は、花見の人で桜の名所はどこもごった返すことでしょう。」
 

桜、満開、チラホラ…。

桜、満開、ジャンジャン、ごった返す。
 

上記の文のどちらが、桜を観に行きたくなりますか?

同じ意味のことを伝える文章ですが、書き方によって結果に違いがでます。

逆に言うと、書き方によって結果に影響を与えることができるのです。
 

さて、今日は

擬音で反応率をあげることを考えてみましょう。
 

ジャンジャンバリバリ

ってなんの業種で良く使われる言葉かご存じですか?
 

そう、パチンコ業界です。

ジャンジャンバリバリ、ジャンジャンバリバリって聞くとがぜんやる気になって、たくさん打ってしまうでしょう。

BGMに軍艦マーチなんてかかっていたら、効果倍増です。

そこまで負けていた人も軍艦マーチが掛かったとたん、おお、ここから挽回だ。

マーチが行けと言っているなんて思ってかどうかジャンジャンバリバリお金を使います。
 

ホール主任がマイクで

「ジャンジャンバリバリ、ジャンジャンバリバリ稼いでください」

というだけで売上が増えるンです。
 

「チョロチョロ、チョロチョロ稼いでください」

と言っていたら、どうなるんでしょうね。
 

このように擬音を使って反応率を高めると良いという話しです。

例えば、外壁塗装の説明文なら

1.「太陽の強い日射しにも安心の塗料を使います。」

2.「ギラギラとした真夏の太陽の強烈な日射しに対応、ギラギラでも大丈夫な塗料を2度も塗り込みます。」

あなたならどちらが欲しいですか?

「ギラギラとした真夏の太陽」って言われただけで夏のあの死にそうな暑さが脳裏に蘇りますよね。

そこを利用するんです。

擬音を使う事で、そのときのことを思い出させる。

そして売り込む。

太陽の強い日射し → ギラギラとした真夏の太陽の強烈な日射し
猛烈な雷雨 → バシバシと屋根に打ちつける、ひょうをともなった猛烈な豪雨と雷

状況を説明する言葉を擬音を用いて言い直してみましょう。
 
 

整骨院さんが交通事故患者さんをジャンジャンバリバリ集客した方法を解説
10日間無料メールセミナー
http://tamainoboru.jp/mailseminar.html

こういう使い方は合ってませんよね(笑)

でもたくさん集客した様は感じ取れますね。

使うのはその商品・サービスに適した擬音にしましょうね。

それでは、また(^^)/~

・無料メール講座
毎月10件新規顧客を獲得するウェブに絶対必要な7つの秘訣

整骨院さんのための交通事故患者さん集客法 10日間無料メールセミナー

反応を高めるプロフィールの書き方

集客用ホームページ制作の説明はこちら

Google Analyticsで集客・売上をアップする方法

となりは爆釣なのにどうして自分は釣れないのか?

となりは爆釣なのにどうして自分は釣れないのか?

こんにちは玉井昇です。

最近、ジリジリと問い合わせの数が減ってきてるかも?

なんてことはありませんか?

 

私、30代の頃、好きで船釣り(沖釣り)に、はまってました。

相模湾でアジやイナダ(ハマチ)を釣っていました。
沖釣りはわかりやすいですよ。

 

魚群探知機を使って魚影が濃いところまで船で行って
そこで、コマセを蒔いて針を落とし誘う。

 

潮と棚がうまく合えば、爆釣です。(入れ食いで釣れる)

 

でも、潮の流れが少し変わっただけで直ぐに釣れなくなる。

船尾では爆釣なのに船首では、ボウズ…。

 

船尾に座れない私はいつもクーラーBOX一杯にはなりませんでした。
船尾は常連の定位置だったんです。

さらに魚影が移動すると船全体が釣れなくなる。
隣の船は爆釣なのに、こちらはピクリともしない。

そうなると、船長が船を移動させ、ポイントを探し始めます。
そういうことを数回繰り返して、沖あがりの時間を迎えます。

 

ホームページ集客も沖釣りと同じなんです。

ユーザーの欲求が棚にあたり
ユーザー動向の変化が潮にあたる。

どちらも揃わないと爆釣にはならない。

 

ホームページ経由のお客さんの数が減ってきている場合
自分は変わっていないのに
自分を取り巻く環境が変わってしまっていて
それが影響して集客が減ってしまうことがあります。

潮が変わった状態です。

 

これを放置しておくと
ドンドン減って行き、盛り返すことなく
最後はジリ貧になってしまいます。

時代に取り残され始めているのです。

 

ホームページを使っていなかった時代に
ホームページを持ったら集客がものすごく増えた
あの頃を思い出してください。

棚と潮があった状況です。

 

それまで電話帳広告やチラシ、クチコミに頼っていた集客の効果が激減し
いち早くホームページで集客した人は集客が増加し
頑なにホームページを持たない人は市場から退場した…。

潮が変わったのに場所を移動しなかった。

今まさにそれに近いことが起こっているのです。

 

スマートフォン用のホームページでの集客。
今は、それが潮目です。

数年前は、パソコンで調べて問い合わせをしていた人たちも
今は、スマートフォンで移動中に予約や問い合わせをしています。

時間の有効利用と言えばカッコ良いですが
電車の中ですることないからスマホをいじっている
なんて理由も実は多いのです。

 

そんなお客さん側の生活の変化に対応していないために
ジリジリとお客さんが減ってしまっているのです。

これについては、
速攻で対応しなければならない課題なんです。

 

隣の船は爆釣なんです。

すぐに船を移動させないと…。

 

数年変えずに使っているホームページで集客が落ちている場合は
潮、棚のズレを疑ってください。

 

スマートフォン対応していないホームページは
魚群を捉えていないのと同じです。

だから、お客さんが減って来ているのです。

 

もし、該当していると思うなら

来年、集客を盛り返すために

魚群を捉えるために早急にスマートフォン対応をしましょう。

 

3年以上前に作ったホームページを使い続けている場合は
思い切ってリニューアルしてください。

棚が変わってしまっているかも知れません。

 

そのまま、沖あがりを迎えたくないですよね。

 

沖あがりとは、まだまだ釣りたいのに

船長がひと言「あがりです」と言ったら

それで終わりです。その日の釣り終了。

 

どんなに足掻いても帰り支度を始めないと

船は港に向かって走り出します。

沖あがり、それは強制終了なんです。

 

私も自サイトを来年リニューアルする予定です。

棚が変わってきたので…。

上手な漁師は潮を読むのがうまいんです。

 

スマートフォン対応、リニューアル制作承ります。
まずは、ご相談ください。

攻めのホームページ制作
http://www.softplanning.com

それでは、また(^^)/~

 

※棚とは、魚がいる深さの層のこと
※潮とは、海流の流れのこと
※ボウズとは、一匹も釣れないこと
※沖あがりとは、その日の釣りの終わりのこと

 

・攻めのホームページ/集客用ホームページ制作
http://www.softplanning.com

・Google Analyticsで集客・売上をアップする方法
http://goo.gl/cwQQmc

「熱い問い合わせ」を経験したことはありますか?

「熱い問い合わせ」を経験したことはありますか? 

こんにちは玉井昇です。


「熱い問い合わせ」を経験したことはありますか?

 

「熱い問い合わせ」とは、
直ぐにでも買いたいという問い合わせです。

脅したり、煽ったりすることなく
「熱い問い合わせ」を手に入れる。

 

果たしてそんなことができるのでしょうか?

 

これは仙台の私のクライアントさんが経験した実話です。

相見積もりが当たり前の塗装業界で
初対面のお客様が他社と比較することなく

「あなたに決めていた」と
初めて会ったその日に契約されたそうです。

そのクライアントさんは面食らったそうです。

そのお客様に尋ねたところ
なんでもホームページを読んだときから決めていたそうで
当日は、実際に会って確認するために呼んだそうです。

 

その理由がプロフィールにありました。

若い頃の修業時代に
細かいことで年中、親方に叱責されていて
そんな細かいことまでと反感をもったそうです。

ところが、いざ、自身が独立してみると
現場で起こる様々なことを
自分が親方の立場で全て解決しなければならず

その時に、親方のお陰で一人前になっていたこと
親方の厳しい叱責は、すべて自分のためだったと
気づいたそうです。

そのことをホームページのプロフィールで読んだお客様が
共感して、自宅の塗り替えのときに
指名してくださったのでした。

「あんたも苦労したんだなあ」と言って頂いたそうです。

 

 

同じようなことが3500万円の取引でもありました。

クライアントの住宅建売会社さんが
突然電話で呼び出され、
大規模のリフォームを依頼された
そうです。
その額が3500万円。

こちらも驚いて、お客様に聞いたところ
ホームページのプロフィールで読んだお客様が感動して
あなたにお願いしたいと決めていたそうです。

 

この2件の事例は、奇蹟ではありません。

ある順序でしっかりと書き込まれたプロフィールは
このような「熱い問い合わせ」を生み出す力があります。

 

今回、実施するプロフィールのつくり方講座では
その順序に沿って書く方法をお教えします。

そして、その場で書いていただきます。

だから、いざ書こうとしたときに浮かんだ疑問も
すぐに質問することができます。

時間が限られているのでその場で書き終わらなくても
何を書けば良いかを持ち帰っていただき、
あとから書くことができます。

ご参加頂いた方は
「熱い問い合わせ」を生み出す力があるプロフィールが
手に入ることでしょう。

ただ、残念なことに残席があと1名分しかありません。
次の開催の予定は、来年になるか、今のところ決まっていません。
どなたか、必要な方がいられましたらお早めにお申し込みください。

 

残席、あと1名です。お早めに!

「あなたから買いたい」と言わせるプロフィールのつくり方講座

 詳細とお申し込みはこちらから
 http://goo.gl/rSJevI

 

 

それでは、また(^^)/~

 

———————-
 セミナー情報
———————-

●【あと1名】11/19(木) 14:00~ 東京 高田馬場

「あなたから買いたい」と言わせるプロフィールのつくり方講座
http://goo.gl/rSJevI

 

───────────
■玉井昇のメディア
───────────

●集客用ホームページ制作
http://www.softplanning.com

●起業して生き残るためのヒント満載ブログ
http://www.softplanning.com/tamainoboru/

★Facebook:https://www.facebook.com/tamainoboru

★著書 
●4刷『Google Analyticsで集客・売上をアップする方法 』
http://goo.gl/cwQQmc

●『見た目だけに頼らない本物のWebデザイン~業績アップのための最重要テクニック』
http://goo.gl/4CHH5o

使命感をどう見込客に伝えるのか

使命感をどう見込客に伝えるのか。

こんにちは玉井昇です。

あなたはどうしてそのお仕事を始めたのですか?
 
 

初夏の頃、このメルマガで行きつけのマッサージ店が閉店する

という話しを書きました。その後日談なんですが…、
 

その後、常連客の説得で閉店を翻意して営業を続けました。
 

しかし、それから半年経った今週。

やはり閉店しました。今度は完全に。
 

不思議だったのは、

その間、最初の閉店騒動から閉店撤回して再び閉店になるまで

勢いというか、
店から発する熱意というか
感情の起伏と言うか

そう言うモノを感じなかったこと。
 
 

お店にとって閉店って終わりでしょ
 

その終わりを回避したときも

再び終わりに近づいたときも
 

何も客として感じなかったんです。
 

あ、私が無感情という事ではなく
ただ、お店側が普通だった。

ただただ、ぬめーっと営業していた。
 

感情の起伏というか
やる気の隆起というか

そういうエネルギー的なモノが伝わってこなかったんです。

どん底からの復活なはずなのに…。
 
 

正直、長くないなと思いました。
 

そして、足が遠のきました。
 

やる気のない経営者にみえてしまったんです。
 

確かに施術してもらうと楽になりました。

その点ではとても感謝しています。

いつでも予約できたし、

爆睡できたし、無くなってしまうのは残念。
 
 


しかし、お店を選ぶ理由ってそれだけでしょうか?

店主の心意気に惚れて通ったりしませんか?

この人なら何とかしてくれる。
という信頼感。
 

信頼していなかった訳けでは無いんです。
でも、エネルギーを感じない…逆にエネルギーを取られそうな空気感。
 
 

そう言えば、初めて訪れたときに
こう言っているのを思い出しました。

「今まで努めていたお店が超多忙で
朝から晩まで施術していました。
凄く疲れて体調を崩すことがあり、
それなら自分で開業した方がいいと思って
ここにお店をだしました。」
 

そういう動機もありますよね。

でもね、

今まで沢山の起業家、開業者を
ホームページづくりを通してみてきましたが
ネガティブな理由で起業した人は
 

ほとんどうまく行っていないようです。
 

「お金持ちになりたい」でも良いんです。

ポジティブな動機の方がサバイバル力があるみたいです。
 

でも、お客さんを最も引き寄せるのは

ポジティブな動機の中でも使命感を伴った動機です
 

そのポジティブで使命感を伴った動機をどう見込客に伝えるのか。
 

それが恥ずかしげもなくできるのは
 

使命感をどう見込客に伝えるのか、私たちはその答えを見つけました。 

答えはプロフィールです。
 

プロフィールというページを作って
そこで開業に至った経緯や使命感を熱く伝える。

そういう店主は閉店とはほど遠い存在ではないかと
秋の空に思うのであった。(笑)
 

そんなプロフィールを書くための時間になります。

「あなたから買いたい」と言わせるプロフィールのつくり方講座
 11/19です。あと3名です。
 詳細とお申し込みはこちらから
 http://goo.gl/rSJevI
 

ぜひ、ご参加ください。
 
 

追伸:

行きつけのお店の閉店は
私にとっても悲しいことです。

またお店開拓せねば…。

閉店するお店、廃業する会社って共通点があります。
 

集客力です。

集客力が弱い。
また、方法があるのにTRYしない。
学ぼうともしない。

「できないことはやらない」

それを貫き通して終わっていきます。
 

そこからが勝負だろうって、思うのですが。
 

「できないことはやらずに、できることを伸ばす」という人もいます。

ある意味正しい

でも、できることの中に集客がなかったら?
 

できないこともやらないとならないんじゃないかなぁ。

背に腹を変えるか

背に腹は変えられないか
 

一体どっちがいいんでしょうね?

ちなみに「背」とは、「閉店の危機」
「腹」とは、「できないことはやらない=プライド」
 

危急存亡の秋(ききゅうそんぼうのとき)に際して

プライドを大事にして、機を逸してしまう。

そんなことが無いように、節に祈っております。
 

曲がらねば世が渡られぬ。
 
 

半年後のあなたはどうなっていますか?
 
 

こちらの無料メール講座もよろしければご覧ください。

集客できるホームページに絶対に入れた方がよいと
私が思っている要素(コンテンツ)を紹介しています。

『毎月10件新規顧客を 獲得するウェブに絶対必要な 7つの秘訣』
http://goo.gl/3bi17Y
 

それでは、また(^^)/~
 
 

挿絵、ちょっと大げさでしたね。(笑)

■最新のブログ記事

【7つの秘訣効果報告1】新患が開業5年間で60人を切った月はありません!
http://goo.gl/DhJqGj

お客様に「ぜひこの人に頼みたいと思った」と言って頂きました!
http://goo.gl/MYxPBX

———————-
 セミナー情報
———————-

●11/19(木) 14:00~ 東京 高田馬場

「あなたから買いたい」と言わせるプロフィールのつくり方講座
http://goo.gl/rSJevI
 

———————-
無料メール講座
———————-

当日は都合が悪くて参加できない方、遠方で参加は難しいという方へ

このセミナーのポイントをぎゅっと凝縮したメール講座
『毎月10件新規顧客を獲得するウェブに絶対必要な7つの秘訣』でも
無料で売れるHPのコツを学べます。
ぜひ、以下よりご登録ください。

『毎月10件新規顧客を獲得するウェブに絶対必要な7つの秘訣』
http://goo.gl/3bi17Y
 

お問い合わせ率をあげる方法は、点ではなく線で考えることです。

お問い合わせ率をあげるコツは、点ではなく線で考えることです。

こんにちは玉井昇です。

 

朝晩冷え込むようになってきましたね。
空気が乾燥しているせいか、のどがカサカサしています。
風邪にご注意ください。

 

ネットから順調に集客できていますか?

 

もしも、お問い合わせが減ってしまったら…。

売上が減って、経営がピンチになってしまうかも

 

今回はそうならない為の転ばぬ先の杖的な話しです。

 

お問い合わせ率をあげる方法は、点ではなく線で考えることです。

 

ホームページから思い通りにお問い合わせが来ていない場合、
大きな原因として考えられることが2つあります。

ひとつは、見る人が少ないこと。

ふたつ目は、ホームページが反応を生み出せないことです。

 

前者については、ホームページへのアクセス数を増やす対策をします。

後者については、ホームページがお問い合わせ率を上げるように改善します。

 

お問い合わせ率とは、ホームページからの問い合わせの割合です。
反応率やコンバージョン率という場合もあります。

 

そのお問い合わせ率を高めるとき、私は点ではなく線で考えます。
お問い合わせを獲得するためには、いくつかの要素が関係しています。

その要素は、
「ターゲット」
「悩み」
「キーワード」
「メッセージ」
「強み(USP)」
「商品」
です。

 

この6つの要素を一直線に結びつけることができれば、
お問い合わせが発生して、必ず集客できます。

 

集客がうまく行かない場合は、
このどれか、または全てがずれている可能性が非常に高い。

 

例えばターゲットが女性なのにメッセージが男性向きとか、
ターゲットの悩みが「交通事故で負ったケガが痛い」なのに
メッセージが「接骨院とは」「接骨院の資格とは」だったり。

一般的なサイトの中にはメッセージが無い場合あったりします。
このような事になる原因は様々ですが、
恐らくはそれぞれの要素をまったく考えていないか、
点で考えているためだと考えられます。

 

顧客ターゲットを絞り込んで
その人の悩みにフォーカスして
あなたの強みと商品を
正しいメッセージで伝えます。

正しいメッセージとは
「私があなたの悩みを●●という方法(商品)で解消します」です。

 

私は私に相談してくださる相談者の悩みに対して

ほぼ同じ手法を使ってその方の悩みを解消しています。

例えばこうです。

相談者
「ホームページからお問い合わせが全然ありません」

そういう相談が殆どですが、
私はそういうときは、

相談者の魅力を徹底的に掘り下げ、
上記の6つの要素を調査して
適切なメッセージにして発信させます。

そうすると、どんなケースでも
ホームページからお問い合わせが誕生します。

あとは、ご自身でそれを増やす努力を続ければ
売上アップも夢ではなくなります。

 

実際に1年間で1億円も売上を増加させたクライアントさんも居ます。

毎月100人の新規患者さんを3年間も集め続けた整骨院さんもあります。

 

その掘り下げた魅力を伝える1つの手段として
「あなたから買いたい」と言わせるプロフィールがあります。

相手を行動に駆り立てるプロフィールは最強の武器の1つです。

 

「あなたから買いたい」と言わせるプロフィールのつくり方講座
 11/19です。
 詳細とお申し込みはこちらから
 http://goo.gl/rSJevI

 

追伸:

もしあなたが買うために検索していいるとしたら

どういう人から買いたいですか?

 

「あなたから買いたい」と思える様な相手って

どういう人ですか?

 

そういう人という認定をあなたにしてもらうためには
どんな試験に合格する必要があるのだろう?

その試験をくぐり抜け、合格した人が
あなたからお金をいただけるんですね。

物販ではなく、サービスの提供を受けることを想像してみてください。

こんな人ならお金を支払ってでもサービスを受けたい。

そう思ってもらえるプロフィールをつくること

それが、ネット集客をしている社長さんの仕事かも知れません。

 

「あなたから買いたい」と言わせるプロフィールのつくり方講座
詳細はこちらです。
http://goo.gl/rSJevI

 

それでは、また(^^)/~

 

———————-
 セミナー情報
———————-

●11/19(木) 14:00~ 東京 高田馬場

「あなたから買いたい」と言わせるプロフィールのつくり方講座
http://goo.gl/rSJevI

 

———————-
無料メール講座
———————-

当日は都合が悪くて参加できない方、遠方で参加は難しいという方へ

このセミナーのポイントをぎゅっと凝縮したメール講座
『毎月10件新規顧客を獲得するウェブに絶対必要な7つの秘訣』でも
無料で売れるHPのコツを学べます。
ぜひ、以下よりご登録ください。

『毎月10件新規顧客を獲得するウェブに絶対必要な7つの秘訣』
http://www.tamainoboru.com/post_lp/7secrets-mailseminar/

ウェブによる顧客獲得人数は、 コンバージョン率と訪問者数できまる

ウェブによる顧客獲得人数は、 コンバージョン率と訪問者数できまる

10人の新規客を獲得するには、いったい何人集めればよいのか?

集客の基本は見込客を集め、問い合わせまたは購入させることです。
そのためにホームページ(ウェブサイト)を作成してそこに見込客を大量に誘導します。
ここで大量に見込客を集めると書きましたが一体どれくらい集めたら良いのかという疑問が生まれます。

cvs1-2
その数は、ホームページ(ウェブサイト)のコンバージョン率と獲得したい顧客数によって決まります。コンバージョン率とは、ホームページを閲覧した人の中で問い合わせまたは購入した人の割合です。
100 人閲覧した人が居て、その中の1人が問い合わせまたは購入した場合、コンバージョン率は1%です。200 人中1人の問い合わせならば0.5%。300 人中1人ならば約0.3%となります。

通常は計測のためひと月単位で考えます。
まったく問い合わせまたは購入が生まれないホームページのコンバージョン率は0%です。

獲得したい顧客数が10 人ならば、コンバージョン率が1%の時は1000 人の見込客が必要になります。1000 人の見込客にホームページを見てもらう必要があります。
0.5%の時は2000 人の見込客が必要になります。0.3%の時は約3000 人の見込客が必要になります。
0%の時は何人集めても問い合わせまたは購入は発生しません。ここでコンバージョンできることが重要であることもわかります。

ホームページをより良く育てることでコンバージョン率を向上させていく必要があることが理解できます。

あなたに必要な見込み客の人数

見込客数とコンバージョン率の関係からあなたに必要な集客のしくみの規模が決まります。
例えば、毎月10 人の新規顧客が必要ならば、あなたのホームページのコンバージョン率で割った値が見込客数となり、その数が1000なら1000 人をホームページに誘導します。
見込客1000 人を集められる集客のしくみがあなたに必要なしくみの規模です。
実際には見込客以外の人もホームページに訪問する人が居るので1000 人以上の訪問者が必要になります。

その見込客1000 人を集める為にSEO(自然検索)や広告、リスト化などを行います。