ひとり社長の営業効率化事例。リアル営業からネット集客へ営業パラダイムシフトを成功させた3つの約束。

ひとり社長の営業効率化事例。リアル営業からネット集客へ営業パラダイムシフトを成功させた3つの約束。

今日は、私が10年前に実施した営業パラダイムシフトのお話しをします。

もう、10年前の話です。
あることが切っ掛けでそれまでのホームページ制作のやり方を
180度、大幅に変更することになりました。

それまで、足で稼ぐ営業をしていましたが
その効率の悪さに収入が激減してしまいました。

足で稼ぐ営業をしていると、どうしても数こなせない

当時、ひとりで営業から制作までしていたので
制作している間は営業できない。
営業して仕事を取っても、作りきれない。

また、受注から入金まで4ヶ月も掛かってしまう。

 

そこで思い切って、
顧客の獲得を全てネットで集客することにしました
今から10年前、2005年の事です。

でも、全てネットで集客すると言っても、
「はい、やります」って言ったところで
そう簡単に実現することではありません。

そこでどう実現するか、めちゃくちゃ考えました。

そこで浮かんだのが次の3つの約束でした。

自分との3つの約束

約束1.行かない
約束2.会わない
約束3.支払いは前金

 

約束1.行かない

行かない理由は、なんといっても時間短縮。
客先へ行く営業は、決まるまでに
「ご挨拶&要件の聞き取り」「提案書&見積書の提出と説明」「クロージング」というプロセスが必要でした。
決まった後も「初回の制作打ち合わせ」「デザイン打ち合わせ」「完成打ち合わせ」「納品とご挨拶」というタイミングで客先に行かなければなりませんでした。

膨大な時間と手間が掛かっていました。

「行かない」ことでそれが一切不要になったんです。
その分の時間で他社の仕事が何件かできるようになりました。

 

約束2.会わない

会わない理由は、全国対応です。
会うプロセスが絶対に必要だと、遠方でも行かなければならない。
もしくは、行ける範囲の仕事しか取れない。

という制限ができてしまいます。
お客様とはお会いしてお話しした方が良いのですが、
この頃は効率を考えて「会わない」と決めました。

 

約束3.支払いは前金

前金はキャッシュフローの改善です。
後請求ですと、完了しないと請求できません。
中には、数ヶ月作業をした挙げ句に途中で終わってしまうケースもありました。
そうなると請求できないんです。

ある時点で請求すればよいという方も居ましたが、
そうなると支払う方も、完成しないものにお金を支払うことになる。それは嫌ですよね。
それを最初にご精算戴くことで、
完成させたいという希望を強めていただく効果もありました。

この3つの約束は、ものすごい効果を生んでくれました。
しかもキャッシュフローはすこぶる良くなります。

しかし、大きな問題は残りました。
自分と3つの約束をしたからと言って、
それで仕事が取れるわけではありません。

行かないで、会わないでどうやって仕事を取るんだと。

だから、集客できるウェブサイトが重要だったんです。

全てネットで集客できれば、
全国のお客様に対応できる。
営業の効率も良いので受注数を増やせる。
私にとって、ネット集客はもはや必須なことでした。

集客できるウェブサイトづくりは大変でした。
マーケティングをすごく勉強して
いろいろと試行錯誤しました。

社運というか、人生が掛かっていたので必死に取り組みました

その結果、ネットだけで、
ホームページから申し込みが来て、仕事が入るようになりました。

そして、それはどんどん増えていき、
全国から外注さんを雇って、自宅作業から指令をだし
バーチャルカンパニーとしてビジネスが発展しました。

その後さらに、仕事は増え、
バーチャルカンパニーでは対応し切れなくなり、
人を雇い、事務所を開設することになりました。

2005年の3つの約束。
リアルからバーチャル営業へ、パラダイムシフトが成功した瞬間でした。

今、振り返ると
稼いでくれる売れるホームページを創ることが出来たから
成功したパラダイムシフトといえます。

リアル営業からネット集客へ営業パラダイムシフトを成功させた
その当時の稼いでくれた売れるホームページを分析して
ノウハウにまとめました。

そのノウハウを無料メール講座として配信中です。

『毎月10件新規顧客を獲得するウェブに絶対必要な7つの秘訣』

無料ですのでよろしければ、ご登録してみてください。

[btn class=”big”]無料メール講座のご登録[/btn]