佐野元春35周年アニバーサリー・コンサート パンフレット

フッと迷ってしまいそうな時でも…

【フッと迷ってしまいそうな時でも…】

2016.3.26、超満員の東京国際フォーラムA。
開演時間を少し過ぎたころ、会場が暗転した。と同事にウwaa–という大歓声と拍手の中、「Dance!Dance!Dance!素敵さBaby…♪」シュガータイムのイントロが始まった。
会場は総立ち。みな大声で歌っている。バンドと観客が一瞬で一体となった。

佐野元春35周年アニバーサリー・コンサート。
ステージの上には佐野元春とHis Band. ザ・コヨーテ・グランド・ロッケストラだ。

佐野元春カッコイイ。
サザンとも浜省とも山下達郎ともまた違った魅力だ。
一曲歌う毎に三方に頭を垂れる。その仕草がまたカッコイイ。

「終わりのあることには、始まりがある。ボクにとっての始まりはこれ」と言ってジャジャーンエレキギターをかき鳴らしアンジェリーナを熱唱。
語りもまたカッコイイ。

彼のライブは初めて。
19か20才の頃、アルバム No Damage(ノー・ダメージ )をカセットテープにダビングしてドライブしながら聴きまくった。カーステから ソー・ヤング。

ちょっとだけ若すぎると誰もが言う
So Young So Young

友達と彼女とはたまた一人の時も。
バイト先のサテンで昼時に大音量でかけて店長に怒られたこともある。

今でも疲れたときや元気になりたいときには No Damage で充電する。

No Damageはオレの血や肉になっている。

SOMEDAY。大合唱。鳥肌が立ち、足から頭まで何かが突き抜けた感じ、涙が出た。
魂があの頃に還った。

3時間30分。
35年、やっと逢えた夜。佐野元春のポップでロックなサウンドで最高のロック&ロール・ナイトを楽しんだ。

佐野元春さんありがとう。