ごく少数の人にとって、大きな価値がある存在になる

ごく少数の人にとって、大きな価値がある存在になる

こんにちは玉井昇です。

新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

 

お休み中はいかがでしたか?

私は、娘にせがまれて(ここ重要です。「せがまれて」笑)

 

元旦から、東京ディズニーランドへ行きました。

元旦なのに、ものすごい数の人がいました。

 

好況な企業は元旦から全開で稼いでいるんだなぁと
改めて感じました。
 

よく観察すると
最近多い外国人の方々は比較的少なく
遠方の家族づれが多かったようです。
車のナンバーとか方言でね…。

元旦からメチャクチャ混んでいるなんて
熱烈なファンを抱えているディズニーならではです。
 

自分もこんな状態が作れればなぁ…。

よし、今年は「ファンづくり」がテーマだな。

そう感じた元旦でした。
 

そのファンづくりについて

私が休み中に読んだ

「市場独占マーケティング」という本に

わかりやすく書いてありました。

 

「ごく少数の人にとって、大きな価値がある存在になる」

パーク一杯に集まったディズニーファンの数は
決して「少数の人」ではないけれど
経済全体から見ればそれにあたります。
 

この「市場独占マーケティング」では

自社の目標売上を賄える数の人に買ってもらえばよい。

それ以上をムリに売って疲弊する必要はない。
 

と言っています。

あなたにとっての「少数の人」に買ってもらうことで

目標売上を達成する。
 

「魅力的なファンを集めてあなたの市場を作ろう」

ディズニーがそれで成功しているように
 

あなたも、私も

自分の市場をつくることで成功に至る。

今年は一緒に


「売り手市場になる」

そこをめざしましょう。

「市場独占マーケティング」

とてもタイムリーな内容でした。
 
 

それでは、また(^^)/~
 

・プロフィールの作り方講座
 http://goo.gl/j7onb3