問い合わせの無かった工務店さんも毎月受注できるようになった

こんにちは、玉井昇です。

ギラギラの太陽がまたやって来ました。

「夏が来た!」

を実感させる日曜日でした。

 

私の住む神奈川県でも週末から花火大会がはじまります。

夏の準備はできていますか?

早めに暑さに慣らして夏の体に仕上げましょう。

 

さて、

当社へご相談いただく中で多いのが

「ホームページはあるのですが、問い合わせがほとんどありません」

というもの

 

自作、業者制作に関わらず、結果が出ないのが悩みですと仰る社長さんは意外と多い。

 

このように一度ならず、ホームページづくりに失敗された社長さんからの相談が多いです。

 

そんな場合でもホームページは問題無く生まれ代わります。

作り方の問題なので、正しくやり直せば結果がでます。

以前、工務店の二代目専務さんから突然電話を頂いたことがあります。

「自作して2年くらい、まったく問い合わせが無い。なんとかなりませんか?」

 

器用な人は自分で作れちゃうんですよねホームページって。

で、作れば集客できると思い、頑張って作り上げる。

それはすばらしいことです。でも…。

 

素人の方はホームページの完成がゴールで、私たちは集客できることがゴール。

これって、天と地ほどの差があります。

 

卓球ができる人は多いと思うのですが、国を代表してオリンピックにでるレベルと温泉宿で楽しむレベルは、おなじ「卓球ができる」でも違いますよね。

ホームページが作れるとホームページで集客できるでは違います。

自分でつくったホームページも、集客できるという尺度でみれば、まったく異質のものなのです。

そこを勘違いして、無料で簡単に直ぐにつくれるホームページを作って集客を期待してしまうんですね。

ただ作れることと、競合他社がひしめくネットの中であなたが集客できることは同じではありません。

 

そこが失敗の最初の原因です。

「簡単につくれる」これが誤解を生んでしまう言葉です。

あなたのご商売が何であれ、簡単に集客できていますか?

そんなに簡単なご商売ですか?

あなたの理想のお客さまを獲得するには、それ相応の努力を要すはずです。

それが競争社会におけるビジネス、普通デスよね。

 

誰が、どうしたら、あなたの商品・サービスを買うのか?

そこをしっかり考えて、多少の苦労をしても集客できるものを作らなければなりません。

先にご紹介した問い合わせの無かったリフォーム工務店さんも今では毎月数件のリフォーム工事をホームページから受注しています。

施工事例が毎月増えています。

今月も更新依頼がきました。

 

・作れることと集客できることは違う

これは自作にも業者にも言えることです。

 

一度失敗したからと言って、あなたのご商売がネットに向いていない、ということでは無いと知っておいてください。

その時のやり方が正しくなかっただけということを。

 

それでは、また(^^)/~

 

暑さにはくれぐれもご注意くださいね。